司法修習生
【78期|2024年】司法試験合格後の流れ・就職活動は?スケジュールを徹底解説

78期(2024年)司法試験合格後の流れ|就活や司法修習のスケジュールを解説

by LEGAL JOB BOARD 横山

コンサルタント

担当職種:
  • 弁護士
【78期|2024年】司法試験合格後の流れ・就職活動は?スケジュールを徹底解説

弁護士専門エージェント「リーガルジョブボード」の横山です。

本記事では、78期司法修習生となる方に向けて「司法試験合格後の流れ・就職活動」について解説します。

合格後にやるべきことや、就活スケジュールを把握したい方はぜひご覧ください。78期の司法修習スケジュール予測も掲載しています。

司法修習生の就職活動は、法曹キャリアにおいて重要な第一歩です。
「自分にとってベストな就職先が知りたい」「就活関連の情報が欲しい」といった方は、「リーガルジョブボード」の弁護士専門エージェントにご相談ください。

司法試験合格後の流れ・やること

2024年(令和6年)司法試験の合格発表は、11月6日(水)16時からです。司法試験合格後には、司法修習やその準備、就職活動などを並行して行います。

司法修習は約1年にわたって実施され、弁護士・検事・判事補となる資格を得るためには、二回試験(司法修習生考試)に合格して修習を終えなくてはなりません。

また司法試験の前後で、就職活動や職場選びも本格化します。法律事務所の就職活動は、事務所のタイプによってベストな時期が異なるため、本記事で詳しく解説します。

司法試験合格後の進路とキャリアパス

弁護士の就職先として主流なのは法律事務所ですが、近年は企業内弁護士(インハウスローヤー)の人気も高まっています。

法律事務所に就職する場合

法律事務所はメインで扱う分野に応じて、企業法務系、一般民事系、総合系の3種類があります。さらに五大を含む大手事務所、弁護士数が100~50名程度の準大手事務所、50名未満の中堅・中小事務所と規模目安でも分類できます。

一般民事・刑事事件の経験を積みたい方は、「新興系」などと呼ばれる大手事務所や、「街弁」などと呼ばれる中小事務所に就職します。

特にキャリアパスを練った方が良いのは、企業法務の経験を積みたい場合。企業法務系事務所は数が限られる上に人気が高いです。

特に都心の事務所は採用倍率が高いので、企業法務の経験を重視される方は地方就職がおすすめです。詳しくはこちらの記事で解説しています。

企業(インハウスローヤー)に就職する場合

法律事務所以外の選択肢として、企業内弁護士(インハウスローヤー)があります。

法律事務所と比べて「福利厚生が整っている」「労働時間が短い」などのメリットがあることが多く、人気が高まっています。

インハウスローヤーは、どんな企業に就職するかで身に付くスキルが異なるのが特徴。例えば、金融やIT、メーカーなど、業界によって必要な法分野が変わってきます。

就職活動のタイミング&スケジュールを解説!

例年のスケジュールから考えると、78期司法修習生は2026年4月前後から働き始める方が多いでしょう。

就職活動のタイミングは志望する事務所のタイプ別に、

  • 【大手】2024年6月~11月頃
  • 【準大手・中堅】2024年8月~2025年3月頃
  • 【一般・地方】2024年11月~2026年3月頃

の3パターンが考えられます。順番に解説します。

1. 大手法律事務所への就職を目指す

78期_大手法律事務所への就職を目指すスケジュール

五大法律事務所などを志望する場合、サマークラークに参加すると就活に有利とされており、司法試験の1年以上前から動き始める方が多いです。

志望度の高い事務所のサマークラークに行きそびれてしまった方は、事務所HPやロースクールの先輩などを経由した「個別訪問」を活用しましょう。

また大手法律事務所は、司法試験の合格発表を待たずに内定を出すケースが多いです。

2. 準大手・中堅法律事務所への就職を目指す

78期_準大手と中堅法律事務所を目指すスケジュール

準大手・中堅法律事務所は、司法試験後から司法修習前に就職活動を行う方が多いです。

この時期は採用活動が活発になり、特に合格発表の前後で求人が増加します。修習開始前で時間に余裕があり、求人も増えるこの時期に、本格的に就職活動を行うのがおすすめです。

また例年、東京三弁護士会の就職合同説明会が合格発表後に行われており、2024年も11月末頃に開催されるのではないかと思われます。

3. 一般・地方法律事務所への就職を目指す

78期_一般と地方法律事務所を目指すスケジュール

一般・地方法律事務所は合格発表後から動き始めて、司法修習が終わるまでに就職先を決定する傾向にあります。事務所によって採用時期が異なるため、幅を持たせたスケジュールになっています。

書類作成や選考は司法修習の合間で行うため、情報収集や自己分析、応募書類の準備は早めに行うのがおすすめです。

まずは司法修習の流れを確認し、余裕のある時期・忙しくなる時期を把握します。次に気になっている事務所の採用期間をリサーチするなど、就職活動の見通しを立てておきましょう。

就活成功のためには「情報収集」がマスト

就職活動が本格化する前から、ひまわり求人求職ナビなどの求人サイトや、リーガルジョブボードのようなエージェントサイトを活用して情報を収集しましょう。

ひまわり求人求職ナビは、様々な求人の比較・検討に適していますが、システム上では求人に応募できません。

一方でエージェントサイトでは、求人探し〜選考まで一貫したサポートを受けることができます。リーガルジョブボードでは具体的に、

  • 業界や事務所、キャリアに関する情報提供
  • 希望に沿った求人の紹介
  • 応募書類の添削・面接対策

などの幅広いサポートを行っています。すぐに就職活動を始めない方も、優良求人を逃さないために、求人サイトやエージェントサイトへの登録だけは済ませておくと良いでしょう。

就職活動やキャリアについて、少しでも不安や気になることがある方はお気軽にお問合せください。

就職活動に向けて準備すべきもの

就職活動をスムーズに進めるため、以下の書類は余裕を持って準備しましょう。

  • 履歴書
  • 自己PR書
  • 司法試験の結果表
  • 法学部時代の成績表
  • ロースクール時代の成績表

試験結果や成績表は、履歴書などと一緒に提出を求められる可能性が高いです。司法試験の成績・学歴が司法修習生の就職活動に与える影響は、こちらの記事で解説しています。

履歴書や自己PR書は、あなたの第一印象を決定づける大切な書類です。応募事務所ごとに内容を作り込むのがベターですが、不安のある方は弁護士専門エージェントの「リーガルジョブボード」にご相談ください。

78期の司法修習スケジュールを予測

78期の司法修習のスケジュールはまだ発表されていませんが、試験日程などを鑑みると77期と同様になると思われます。

77期のスケジュールをもとに予測した大まかな日程は以下のとおりです。あくまで予測のため、情報が発表され次第更新いたします。

導入修習2025年3月20日頃〜4月10日頃
分野別実務修習2025年4月15日頃〜11月20日頃
選択型実務修習【A班】2026年1月15日頃〜2月末頃
【B班】2025年11月20日頃〜2026年1月10日頃
集合修習【A班】2025年11月25日頃〜2026年1月10日頃
【B班】2026年1月15日頃〜2月末頃
司法修習生考試2026年2月末〜3月頃
※参照:77期 司法修習のスケジュール・日程

司法修習の申し込みや準備

司法修習に申し込むためには、最高裁判所への書類提出と専用フォームへの情報入力を行います。

77期の場合、2023年11月8日に司法試験の合格発表があり、11月27日までに書類提出・フォーム入力を行わなければなりませんでした。78期も同様に時間が限られていると思われます。

司法修習の申し込み方法や内容、事前課題などの詳細は、以下の記事(77期版)をご覧ください。修習給付金や引っ越し費用については、こちらの記事で解説しています。

就活の疑問や不安、プロに相談してみませんか?

司法修習生の就職活動は、法曹キャリアにおいて重要な第一歩です。

  • 自分にとってベストな就職先を知りたい
  • 就活・キャリア関連の情報が欲しい
  • いつから何をすべきか分からず不安がある

これらのお悩みは、弁護士専門エージェント「リーガルジョブボード」にご相談ください。情報収集や相談のみでご利用いただけます。

参考文献

この記事の執筆者

LEGAL JOB BOARD 横山

コンサルタント

担当職種:
  • 弁護士

中央大学を卒業後、大手電機メーカーの法人営業にてキャリアをスタート。同時期より、20代を中心としたキャリア支援にも従事し、300名以上の就職・転職支援実績を誇る。 リーガルジョブボードでは、弁護士や法務部員専任でキャリア支援・採用支援に従事。インサイトを引き出すヒアリングと戦略的なキャリア形成のサポートを得意とする。

この記事をシェアする

関連する記事

このサイトの監修者・著者