弁護士

弁護士のキャリア戦略|10年後に後悔しないファーストキャリアとは

by LEGAL JOB BOARD 庄司

転職エージェント

担当職種:
  • 弁護士
  • 司法修習生

こんにちは。弁護士・司法修習生の専門エージェント「リーガルジョブボード」の庄司です。

本記事では、10年後に後悔しない「弁護士のキャリア戦略・ファーストキャリア」についてお話しします。

実は弁護士の方は「一番最初にどこの事務所または企業で働くか」が、その後のキャリアを大きく左右します。

どのようなキャリアを築くべきか迷っている司法修習生の方に、ファーストキャリアを選択する際の参考にしていただける内容となっています。

「今後のキャリアを考え転職しようか迷っている」という現役弁護士の方も、ぜひご覧ください。

弁護士のファーストキャリアを考えるときの軸

弁護士が選択すべきファーストキャリアは、将来目指しているキャリアプランや、希望年収、ワークライフバランスを重視するか等の条件によって変わります。

「将来のキャリアビジョン」が明確ではなくとも、どのファーストキャリアを選択し、どういった経験を積むのかは今後のキャリア形成においても非常に重要な選択となります。

弁護士や修習生の皆様とお話しをする中で、あくまで一例ですが、「将来的にM&Aやファイナンスに専門性を持つ弁護士になりたい」というようなキャリア像をお持ちの方がいらっしゃいます。しかし、実態として全くそれらの案件の取扱いがない事務所に応募してしまっているケースも多々あります。

このような場合、ミスマッチが要因で短期離職につながる可能性もあるため、ファーストキャリアを選ぶ上で入念なリサーチはとても大切です。

それでは、一般的な弁護士の就職先を元にメリット・デメリットを踏まえて解説していきます。

選択肢1:企業法務系の法律事務所

結論、こんな方におすすめ

  • 現時点では、自身のやりたい事が明確ではないが、将来的な転職の選択肢を広げたい方
  • 大規模案件の経験や海外留学を通して、自身の市場価値を向上させたい方
  • 中央官庁や企業への出向を経て他の弁護士にはない専門性を身につけたい方
  • 後々、大手企業のインハウスローヤーを目指している方

業務内容や特徴

企業法務系の事務所で働いたときの業務内容は以下の通りです。

  • コーポレート
  • M&A
  • ファイナンス
  • コーポレートガバナンス、コンプライアンス
  • 契約書の作成、リーガルチェック
  • 訴訟、紛争
  • IPO(株式上場)支援
  • 事業再生、倒産 など
  • 知的財産
  • 危機管理
  • 不動産取引
  • 国際案件

企業法務を主に取り扱う事務所は、整った就業環境や高い報酬面から新人弁護士は希望する方が多い就職先です。4大法律事務所もこちらにあたります。

企業法務系の事務所では、大規模案件や国際的な案件を経験できる可能性が高いです。中央官庁や企業への出向を通した専門的スキルの獲得や、海外ロースクールへの留学を通して市場価値を向上させる事で、将来的なキャリアの選択肢を大きく広げる事ができます。

企業法務系事務所でのキャリアプラン

企業法務系事務所では、主に以下のキャリアを目指せます。

  1. シニアアソシエイト
  2. パートナー(一般民事系の事務所を含めた他の法律事務所に移籍する場合も含む)
  3. インハウスローヤー(法務部員・法務部長・CLO・執行役員など)
  4. 独立(起業も含む)

もちろん、独立をする方や事務所でパートナーを目指す方も一定いらっしゃいますが、直近では、企業法務系の事務所からのキャリアとして、インハウスローヤーとしてのキャリアを選択されている方も多い印象です。

また、企業法務系の法律事務所は報酬が高い分、非常に多忙な傾向があり、ワークライフバランスが確保できないと思われがちですが、実際には事務所毎で働き方は大きく異なり、リモートワークやフレックスタイム制の導入に伴い、働きやすい環境が整えられている事務所も多いです。

弁護士キャリアへのメリット:

  • 市場価値の高い経験を通して、将来的なキャリアの選択肢を大きく広げる事ができる
  • 中央官庁や企業への出向や海外ロースクールへの留学を通して他の弁護士にはない専門的な知識やスキルを身に着ける事ができる
  • ネームバリューのある事務所に所属した場合、名立たる大手企業、上場企業を相手に仕事をする事が多く、高い企業法務スキルを評価され、将来的な転職の際も経歴面で有利に働く事が多い

弁護士キャリアへのデメリット:

  • 事務所から個人受任を禁止されている、もしくは、禁止はされていないものの、事務所の案件対応に追われ、事実上受任できないケースが多い為、将来的な独立には不利に働く場合がある。
  • 一般民事事件の経験やスキルを獲得できない事が多く、一般民事系事務所へのキャリアチェンジは年数を重ねる程、難しくなる
  • 内部競争が激しい事務所もあり、アソシエイトからパートナーを目指すハードルが非常に高い

企業法務系の法律事務所は将来的な転職の選択肢を広げたい方におすすめの事務所です。求人紹介をご希望の方やどんな事務所が自分には合っているか迷っている方は、ぜひ下記よりお問い合わせください。

選択肢2:一般民事系の法律事務所

結論、こんな方におすすめ

  • 独立を目標としている方
  • 早期にパートナーなど責任ある立場を目指している方
  • 弁護士業務の足腰となる訴訟業務で実力をつけたい方

業務内容や特徴

一般民事系の事務所で働いたときの業務内容は以下の通りです。

  • 離婚
  • 相続
  • 倒産処理
  • 労働問題
  • 債権回収
  • 債務整理
  • 交通事故
  • 刑事事件
  • 売買代金請求
  • 土地・建物の明渡請求
  • 消費者事件
  • 医事紛争事件 など

一般民事系の事務所は、業界では街弁と呼ばれ、法律事務所の中で最も数が多く、規模も様々です。長年にわたって地域を支えてきた歴史ある事務所から、近年勢力を拡大している新興系、数人で業務を行う個人事務所などが存在します。小規模の事務所では、ある程度経験を積んだ後は独立、一定以上の規模を誇り、弁護士法人化した事務所では、パートナーや各拠点の支店長を目指す弁護士が多い印象です。

一般民事系事務所でのキャリアプラン

一般民事系の法律事務所では、主に以下のキャリアを目指せます。

  1. シニアアソシエイト
  2. パートナー(企業法務系の事務所を含めた他の法律事務所に移籍する場合も含む)
  3. インハウスローヤー(法務部員・法務部長・CLO・執行役員など)
  4. 独立(起業も含む)

一般民事系の法律事務所は、企業法務系の法律事務所と比べて、1つの案件対応が長期化するケースが多い為、スケジュールに融通がききやすいです。また依頼者からも直接感謝される事が多い為、ワークライフバランスを重視したい方や、感謝の声をやりがいに仕事をしたい方におすすめです。

弁護士キャリアへのメリット

  • 個人受任がしやすく、様々な案件を経験出来る傾向があり、独立に有利である
  • 早期にパートナーや支店長という責任のある立場を目指す事ができる
  • 訴訟という弁護士の足腰となる分野に強くなる

弁護士キャリアへのデメリット

  • 複数の拠点を持つ事務所では、収益最大化の為、特定の案件を集中的に受任する傾向があり、受任機会や受任案件の種類が限られる事で将来的なキャリアの選択肢を狭める可能性がある
  • 基本的に幅広い案件を対応する事に加え、案件の性質上、専門性よりも事実認定が重要な領域の為、特定の分野で専門性を極める事が難しい
  • 事務所に運営に必要な弁護士業務以外の業務(営業活動や事務作業など)に関わる可能性もある

一般民事系の法律事務所は将来独立を考えている方におすすめの事務所です。求人紹介をご希望の方やどんな事務所が自分には合っているか迷っている方は、ぜひ下記よりお問い合わせください。

選択肢3:インハウスローヤー(企業内弁護士)

結論、こんな方におすすめ

  • 早期に特定の業界や領域で専門性を身に着けたい方
  • 企業経営や事業戦略に強い興味をお持ちの方
  • 幅広く企業法務経験を積みたい方

業務内容や特徴

インハウスローヤーとして働いたときの業務内容は以下の通りです。

  • 契約書審査や作成
  • 社内法律相談
  • 社内規定の作成や管理
  • 株主総会対応
  • M&Aの法務対応
  • 知的財産権の管理業務
  • 資金調達
  • 訴訟対応
  • 危機管理・不祥事対応
  • 不動産取引
  • 債権回収・保全 など

「ファーストキャリアとしてインハウスは避けるべき」という意見もありますが、将来的に企業内で弁護士の力を発揮したい方や、早期から特定の業界・分野で専門性を身に着けたい方、ワークライフバランスを重視したい方はインハウスローヤーがおすすめです。

インハウスローヤーを募集している企業は上場企業が多い傾向にあるので、ワークライフバランスが取れるのはもちろん、福利厚生の充実が期待できたり、中には社費による海外留学制度を設けている企業もあります。

インハウスローヤーのキャリアプラン

インハウスローヤーとしては、主に以下のキャリアを目指せます。

  1. キャリアアップ(法務部長・執行役員・社外取締役など)
  2. 法律事務所のアソシエイトもしくはパートナーへ転籍
  3. 独立

法律事務所で経験を積んでいても、企業での法務実務経験がない状態で企業のマネジメント層(法人部長など)への横滑りは難しいのが現状です。それは、一般企業と法律事務所では、求められるスキル、能力が異なってくるためです。

また、インハウスローヤーの需要は今後ますます増加する見込みなので、将来的に企業で働きたい意思があるのであれば、早い段階で経験しておく方が良いでしょう。

弁護士キャリアへのメリット

  • 特定の業界・企業での法務業務に専念する為、早期に専門性を獲得しやすい
  • 職種柄、企業の経営層と直接やりとりする機会が多く、企業の行先や事業戦略に対する自身の法的意見が直接経営戦略に反映されるだけではなく、経営視点を身に着けやすい
  • 社内外で発生する様々な種類の法的課題に対応する為、幅広い企業法務経験が可能である

弁護士キャリアへのデメリット

  • 法律事務所へのキャリアチェンジが難しい傾向にある
  • 弁護士業には欠かせない訴訟経験が限られるケースが多く、一般民事案件は殆ど経験できない
  • 企業によっては、法務業務以外の総務業務等も兼任することもある

今回ご紹介させていただいたメリットやデメリットは一般的なものであり、実際の職場の環境や状況によって異なる場合もあります。

インハウスローヤー(企業内弁護士)は企業経営や事業戦略に強い興味をお持ちの方におすすめです。求人紹介をご希望の方やどんな職場が自分には合っているか迷っている方は、ぜひ下記よりお問い合わせください。

新人弁護士向けの求人例

弊社リーガルジョブボードにて、実際に掲載されている求人をご紹介いたします。

企業法務系の事務所

某大手法律事務所

業務内容:
訴訟・紛争解決、コーポレート、M&A、ファイナンス、コンプライアンス、国際法務、独占禁止法/競争法、知的財産権、労働、倒産・再生、建築・不動産関係法務、税法関連法務、PFI、医療(ヘルスケア)、ベンチャー/スタートアップ、IT・デジタルテクノロジー、スポーツ・エンターテイメント、事業継承、刑事(ホワイトカラークライム)、その他企業法務全般

一般民事系の事務所

弁護士法人東京新宿法律事務所

業務内容:
債務整理:30%・遺言/相続:25%・労働問題:15%・交通事故:5%・その他:25%(※)※社内プロジェクト、社内勉強会講師、外部セミナー、広報コンテンツ制作など事件処理以外の業務も含む

インハウスローヤー(企業内弁護士)

ソフトバンクグループ株式会社

業務内容:
法務統括内に4つの組織があり、1年目はすべての組織を回っていただいた上で本配属を決定致します。いずれの組織も、社内外のカウンターパートと広く連携をしながらプロフェッショナルとして業務を推進する事が求められ、ダイナミックな経験を積むことが可能です。

自分に合ったファーストキャリアを選ぶ方法

適切なファーストキャリアを選択するには、自分が何を重要視しているのかを明確化する必要があります。

将来的なキャリアの選択肢をできるだけ広げておきたい方には企業法務系の事務所が、独立したい・早期にパートナーになりたい方は一般民事系の事務所が向いているでしょう。

また、特定の業界や領域で早期に専門性を獲得したい方やビジネススキルや経営視点も身につけたい方はインハウスローヤー(企業内弁護士)が向いています。

迷われることも多いかと思いますが、まずは今、何を重視しているのかを考え、選択することが大切です。

ファーストキャリアに迷ったらぜひご相談ください

「実際どのファーストキャリアを選択したらいいのかわからない」

「弁護士になったばかりで先のことまで考えられない」

といった方は、リーガルジョブボードの弁護士・司法修習生専門エージェントにご相談ください。

弁護士業界に精通したエージェントが経歴やスキルを伺い、10年先まで見据えたキャリアプランをご提案いたします。

また以下のサポートも無料でご利用いただけます。

  • 希望に沿った求人の選定
  • 求人先の内情の共有
  • 応募書類の添削・面接対策

「今後のキャリアを考え転職しようか迷っている」といった方のご相談も受け付けております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事の執筆者

LEGAL JOB BOARD 庄司

転職エージェント

担当職種:
  • 弁護士
  • 司法修習生

リーガルジョブボードの弁護士・司法修習生・法務部員専門の転職エージェント。弁護士業界はまだまだオープンではない為、自身でほしい情報を集めるのはなかなか大変かと思います。その状況を解決できるよう、弊社が長年蓄積してきた情報を駆使し、皆様に役立つ情報を配信いたします。 また転職エージェントを通して、キャリアを成長させることを大事にしております。就職・転職でお困りの方はぜひお気軽にご相談ください!

この記事をシェアする

関連する記事

このサイトの監修者・著者