弁護士
司法修習生(弁護士)の就職活動マニュアル|法律事務所の選び方・スケジュール等を網羅

司法修習生(弁護士)の就職活動マニュアル|法律事務所の選び方・スケジュール等を網羅

by LEGAL JOB BOARD 横山

コンサルタント

担当職種:
  • 弁護士
司法修習生(弁護士)の就職活動マニュアル|法律事務所の選び方・スケジュール等を網羅

こんにちは。司法修習生・弁護士専門エージェント「リーガルジョブボード」の横山です。

本記事では「司法修習生の就職活動」について、知っておきたい情報を網羅的にまとめました。具体的には、以下のような内容です。

「修習生の就活のポイントをまとめて知りたい」「司法試験後の就活に関する情報が不足していて不安」といった方は、ぜひ最後までご覧ください。

よく読まれている記事

修習後の進路は「弁護士」が最多

司法修習生の進路には、弁護士、検事、裁判官があります。

日本弁護士連合会の調査によると、74期の司法修習終了者の進路はグラフの通りです。

74期司法修習生の進路

全1,458名のうち、弁護士が最多の1,136名、次いで裁判官が73名、検察官が72名、その他が177名でした。司法修習生の進路は、例年このような比率となっています。

司法修習生の主な就職先は5つ

司法修習生の就職先になり得る法律事務所、インハウスローヤー(企業内弁護士)、裁判官、検事、独立(即独)について、それぞれ解説します。

1. 法律事務所

法律事務所は、最も多くの司法修習生が選択する就職先です。扱う分野や事務所の規模によって、経験できる案件や年収、働き方が異なります。

扱う分野に応じた事務所の種類は、「企業法務系」「一般民事系」「総合系」です。事務所の規模は目安として、五大法律事務所を含む大手、弁護士数が100~50名程度の準大手、50名未満の中堅・中小に分類できます。

中でも、企業法務系は事務所数が少ない上に人気が高く、採用難易度が高い傾向にあります。また、一般民事・刑事事件の経験を積みたい方は、「新興系」などと呼ばれる大手事務所や、「街弁」などと呼ばれる中小事務所に就職するケースが多いです。

法律事務所の種類や、それぞれの特徴・年収などは次章をご覧ください。

2. 企業(インハウスローヤー)

インハウスローヤー(企業内弁護士)として、企業に就職する方もいます。特に、ワークライフバランス重視の方が、インハウスローヤーを選択肢に入れる傾向にあります。

法律事務所に比べ、「残業を抑えやすい」「福利厚生が整っている」「在宅勤務がしやすい」といった点が要因となってか、インハウスローヤー人口は年々増加。インハウスローヤーを採用する企業数も増えています(※)。

インハウスローヤーは業務の特性上、ビジネス関連の知識・スキルが身に付くのが特徴です。また、金融やIT、メーカーなど企業の業界によって、必要な法分野・業務が変化します。初任給は年収500万円ほどが目安で、キャリアを積めば年収800万円以上も目指せるでしょう。

新卒でのインハウスローヤーへの就職について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

※出典:日本組織内弁護士協会(JILA)「企業内弁護士数の推移(2001年~2023年)」「企業内弁護士を多く抱える企業上位20社(2001年~2023年)

3. 検事

司法修習後、検事になるという道もあります。75期(令和4年度12月期)は、71名が検事となりました。

検事になるためには、二回試験(司法修習生考試)に合格後、検事採用面接を受けなければなりません。検事は任官希望者の中から、能力・適性・人格・識見を総合的に判断した上で採用されます。

5年目以降になると、一人前の検事として認められる存在になります。初任給は年収500~600万円程度で、部長クラスになると年収1,000万円以上も可能です。

※参考:法務省「検事に採用されるまで

4. 裁判官

司法修習生の中には、裁判官を目指す方もいます。裁判官は司法試験・司法修習の成績が優秀な方、加えて素行や人間性も重視されるとされています。

裁判官に任官されると、まず「未特例判事補」になります。任官から5年で「特例判事補」になると、一人で裁判を行えるようになります。10年目に「判事」となると一人前とされ、その後は「高等裁判所長官」「最高裁判所判事」「最高裁判所長官」とキャリアアップをしていくことも可能です。

初任給は年収600万円程度で、キャリアを積むほど年収アップが見込めるでしょう。しかし、判事以上のキャリアを積む人はほんの一握りのようです。

5. 独立(即独)

まれですが、司法修習後に即独立・開業する方もいます。司法修習中などに独立・開業の準備を進めるため、ハードなスケジュールをこなすことになるでしょう。

初年度はピンキリですが、顧客や案件数が少ないと年収300万円~500万円程度の可能性もあります。経営が軌道に乗れば、年収1,000万円以上を目指すこともできます。独立弁護士の平均年収は1,400万円程度とされてますが、案件対応数や単価、クライアント数によって売上は大きく変動します。

自身の裁量で仕事ができるため、ワークライフバランスを大切にすることも可能です。弁護士の即独について、成功・失敗要因などをこちらの記事で解説しています。

法律事務所の種類・特徴や傾向

日本弁護士連合会の調査によれば、日本には1万8,128件もの法律事務所が存在しています(2022年5月末時点)。

LEGAL JOB BOARD 横山 LEGAL JOB BOARD 横山
自分に合った事務所を選ぶには、事務所の種類や特徴・傾向を知っておく必要があります。扱う分野・規模に応じた事務所の特徴を以下で解説します。

企業法務系 法律事務所

企業法務系の事務所では、M&Aやファイナンス、コーポレート、事業再生、知的財産、危機管理など、企業活動によって生じる案件を扱います。

五大法律事務所を含む大手事務所は、大型案件や海外案件が多いため多忙になりやすく、働き方はハードな傾向にあります。ただその分、高収入を得ることが可能です。初任給は年収1,000万円~1,200万円、アソシエイトは最高年収3,000万円が目安です。パートナーともなると、年収は数千万円~数億円とされています。

中小規模の事務所の中には、大手に負けないほど専門性の高いサービスを提供している事務所が多くあります。スタートアップやIT企業の案件に携われるのも特徴。大手に比べて自分の裁量で仕事ができ、働き方をコントロールしやすいケースが多いです。収入も安定しており、初任給は年収500万円~700万円程度が目安です。

企業法務系の案件を扱う弁護士について、詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

一般民事系 法律事務所

一般民事系の事務所では、離婚問題や遺産相続、金銭トラブル、交通事故、労働事件など、個人の日常生活に関連して生じる案件を扱います。一般民事系の事務所では、刑事事件も扱っていることが多いです。

通称「街弁」と呼ばれる中小規模の事務所が、全国に多数存在しています。一般民事系の案件は多岐にわたること、企業法務系に比べて案件を個人で完結しやすいのが特徴です。年収は400万円~800万円程度が目安。実績を上げてパートナーを目指す、経験を積んで独立するといったことで、年収1,000万円以上も目指せるでしょう。

また、近年では一般民事系の大規模事務所も注目を集めています。中小規模の事務所に比べて年収が高く、企業法務系よりも労働時間が抑えやすい、ワークライフバランスを実現できる事務所もあることが特徴。大規模事務所では、事務局長や部門長などの管理職を目指すことも可能です。

総合系 法律事務所

総合系の法律事務所は、企業法務系・一般民事系のどちらの案件も扱います。多くの事務所で、M&Aやファイナンス、コーポレート、事業再生といった企業法務系の案件、離婚問題や遺産相続、金銭トラブルといった一般民事系の案件を幅広く取り扱っています。

中小規模の事務所では、ボス弁やパートナー、その他の在籍する弁護士の得意分野によって、メインで扱う案件や全体的な案件の割合が変わる傾向にあります。年収も案件の割合などで変動しますが、目安として500万円~900万円程度です。企業法務系の案件を多く扱っていれば、企業法務系事務所への転職を視野に入れることもできます。

一般民事系と同じく、大規模事務所は中小規模の事務所に比べ、年収が高くなりやすいです。また、規模が大きくなるほど、分担・分業制になる傾向が見られます。各個人の経験・スキルなどに応じて、特に注力する分野があるイメージです。

LEGAL JOB BOARD 横山 LEGAL JOB BOARD 横山
希望に沿った求人を知りたい方や、キャリアパスが定まっていない方は、我々エージェントにご相談ください。情報収集・相談のみでの利用も歓迎です。

2024年 全国法律事務所ランキング

最適な就職先・職場選びのポイントとは?

就職先・職場を選ぶにあたり、抑えておきたいポイントをまとめました。

キャリアプランから逆算&軸を定める

本格的に就職活動を始める前に、キャリアプランを策定することが重要です。弁護士は経験・スキルによって、キャリアの選択肢が絞られていく傾向にあります。

一般民事・刑事事件の経験を積みたい方は、「新興系」などと呼ばれる大手事務所や、「街弁」などと呼ばれる中小事務所に就職します。特にキャリアプラン・就活の戦略を立てた方が良いのは、企業法務の経験を積みたい場合です。

LEGAL JOB BOARD 横山 LEGAL JOB BOARD 横山
企業法務系事務所は、そもそも事務所数が少ないうえ人気が高いです。都心の事務所は採用倍率が高いので、企業法務の経験を重視して「地方就職」を検討する方もいます。

関連して、職場選びの軸を定めることも重要です。具体的には、業務分野や勤務エリア、ワークライフバランス、年収、個人受任の可否、事務所の規模感(大手・中小など)などが軸として挙げられます。職場選びの軸(プライオリティ)を明確にすると、就職活動が進めやすくなります。

職場選びの判断材料やポイント

職場選びにおいて、確認しておきたいのが以下のポイント。

  • 所属弁護士の修習期
  • 案件の割合
  • 昇給例
  • 実際の勤務時間
  • 弁護士同士の関係性(案件への取り組み方、人間性が合うか、など)
  • 集客方法(マーケティングに強い、人脈が広い、など)

まず、所属弁護士の修習期は、離職頻度の推測に役立ちます。事務所HPの弁護士紹介などを確認し、設立してから時間が経っているが修習期の若い弁護士ばかりであれば、入職しても長く続かない職場である可能性が考えられるでしょう。もちろん「パートナー支援制度や独立支援を行っている事務所」といった例外もありますが、ある程度の予測に役立ちます。

案件の割合について、「事務所HPでは幅広い分野を受任しているように記載があるが、実際は全体の数%(年に数件)程度の受任で経験を積むのが難しい」といったケースがあります。案件の割合はスキル・経験ひいてはキャリアに影響します。入職後に後悔することのないよう、少しでも不安な場合は確認しましょう。

実際の昇給例や勤務時間、弁護士同士の関係性は、求人票だけでは確認が難しいかもしれません。気になる点は、面接や面談の際に確認することを推奨します。加えて、「リーガルジョブボード」の弁護士専門エージェントも各事務所の特徴を把握しています。相談・情報取集のみでもご利用いただけますので、お気軽にご質問ください。

最後に、集客方法は事務所の色が濃く出る部分です。事務所の特徴が掴めるだけでなく、事務所の将来性・持続可能性を計ることにも役立ちます。

法律事務所とインハウスローヤーどちらを目指すか

LEGAL JOB BOARD 横山 LEGAL JOB BOARD 横山
結論、多忙でも高収入を目指したい方は法律事務所、ワークライフバランスを大切にしたい方はインハウスローヤーを選択するケースが多いです。

法律事務所とインハウスローヤーで、以下の3項目を比較してまとめました。

比較項目法律事務所インハウス
年収の高さ・上り幅
ワークライフバランス
キャリア形成の幅

インハウスローヤーの特徴として、ワークライフバランスが実現しやすいことがあります。企業に属する会社員となるため、福利厚生も充実している傾向にあります。プライベートと両立しながら、安定した働き方・給与を望む方に合っているでしょう。

一方で、年収1,000万円以上を目指したい方などは、法律事務所の方が合っているでしょう。法律事務所の弁護士は、スキル・経験や案件数に比例して年収が伸びやすく、働けば働くほど稼げる傾向にあります。その分、インハウスローヤーに比べると、ワークライフバランスは二の次になりがちです。

キャリア形成の幅は、法律事務所の弁護士の方が広いと言えます。インハウスローヤーから法律事務所は転職難易度が高く、「他企業のインハウスとして転職」や「インハウス歓迎の企業法務系事務所へ転職」など、選択肢が限られる傾向にあります。

よく読まれている記事

修習生必見!法律事務所の就活スケジュール

就職活動のスケジュールは、開始時期に応じて異なります。3パターンの就活スケジュールと特徴をまとめました。

LEGAL JOB BOARD 横山 LEGAL JOB BOARD 横山
この記事に記載されたスケジュールは77期の例です。78期の方は先輩のスケジュールを参考にしてみてください。

78期生向け就職活動の記事はこちら

パターン1. 試験終了後~修習開始前

準大手・中堅事務所の就活スケジュール

1つ目は「司法試験後~司法修習の開始前」に就活を行うパターン。特に、準大手・中堅法律事務所を志望する方におすすめのスケジュールです。

例年、司法試験の合格発表前後から求人が増加し、修習開始前まで採用活動が活発に行われる傾向にあります。77期でいうと、2023年10月頃~2024年3月末のタイミングです。

中には、このタイミングでしか採用活動を行わない事務所もあります。気になる法律事務所がある方は、HPなどで選考スケジュールをしっかりと確認しましょう。

パターン2. 試験合格後~修習中

一般・地方法律事務所の就活スケジュール

※補足:事務所によって採用活動を行う時期が異なること、この時期は長く幅広く採用活動を行う事務所が多いことから、幅を持たせたスケジュールとなっています。

2つ目は「司法試験合格後~司法修習中」に就活を行うパターン。特に、一般・地方法律事務所を志望する方におすすめのスケジュールです。

司法試験の合格発表前後から求人が増えるため、就活に適したタイミングです。ただし、司法修習が始まると就活に割ける時間が限られます。志望先の採用スケジュールにもよりますが、修習開始前までに、できる限り応募や選考を進められると安心でしょう。

修習中も就活を行う場合、情報収集や自己分析、応募書類の準備など、できることから早めに行うのがポイントです。修習中の余裕のある時期・忙しくなる時期を把握し、気になる事務所の採用期間もリサーチして、可能な範囲で就職活動の見通しを立てておきましょう。

パターン3. 試験前~試験合格前後

大手法律事務所の就活スケジュール

※補足1:選考の中心となるサマークラークは終了している事務所が多いので、事務所HPやロースクールの先輩などを経由して個別訪問をするのがおすすめです。
※補足2:大手事務所は、司法試験前にエントリー、合格発表前には合否まで出る傾向にあります。

3つ目は「試験前~試験合格前後」に就活を行うパターン。特に、五大を含む大手法律事務所を志望する方におすすめのスケジュールです。

五大などの大手法律事務所は、司法試験前から就職活動が本格化します。大手法律事務所を志望する方は、積極的に「サマークラーク」に参加しましょう。事務所について詳しく知れる上、選考が有利に進む可能性が高くなります。

サマークラークに行きそびれてしまった方は、「個別訪問」を活用しましょう。事務所や先輩弁護士と接点が持てるほか、自分をアピールするチャンスにもなります。

LEGAL JOB BOARD 横山 LEGAL JOB BOARD 横山
希望に沿った求人を知りたい方や、キャリアパスが定まっていない方は、我々エージェントにご相談ください。情報収集・相談のみでの利用も歓迎です。

選考の流れ・準備すべきもの

司法修習生の一般的な選考の流れや、選考に必要になる書類を解説します。

選考の流れ

多くの選考先(特に法律事務所)で、一般的に「書類選考→一次面接→二次面接→採用」という流れで選考が進みます。選考期間は平均1ヶ月半ほどです。

事務所によっては、最終面接後に食事会・ランチなどがあります。目的は「応募者の人柄を見る」「双方のマッチング度を見定める」といったもの。先輩弁護士などとカジュアルにコミュニケーションが取れるでしょう。会話の中で、他の選考状況や志望度を確認されることも多いです。

よく読まれている記事

準備すべきもの

選考時、一般的に以下の書類が必要になります。

  • 履歴書
  • 自己PR書
  • 司法試験の結果表
  • 法学部時代の成績表
  • ロースクール時代の成績表

司法試験の結果表や、法学部時代・ロースクール時代の成績表は、履歴書などと一緒に提出するケースが多いです。司法試験の成績・学歴が司法修習生の就職活動に与える影響は、こちらの記事で解説しています。

LEGAL JOB BOARD 横山 LEGAL JOB BOARD 横山
履歴書や自己PR書は、事務所ごとに内容を作り込むのがベターです。自力で全て仕上げるのが難しいと感じる方は、我々エージェントにお気軽にご相談ください。

よく読まれている記事

【要確認】内定前後に注意すべきポイント

就職活動が順調に進むと、内定をもらうことも出てくるでしょう。内定受諾の前後に気を付けるべき3つのポイントをまとめました。

LEGAL JOB BOARD 横山 LEGAL JOB BOARD 横山
労働条件通知書や内定破棄など、内定受諾前に抑えておくべきポイントを解説します。
内定・入職後に後悔しないためにも、必ずご確認いただきたい内容です。

1. 修習期の近い先輩弁護士から話を聞く

リアルな働き方や条件を知るため、選考先の修習期が近い先輩弁護士に話を聞くのがおすすめです。

選考先によっては難しいこともありますが、会食の場などを設けてもらえるケースもあります。選考や会食などでチャンスがあれば、以下のような内容を聞いてみてください。

  • 昇給例
  • リアルな働き方(労働時間や休日など)
  • 個人受任はしているか

事前にリアルな話を聞いておくこと、疑問・不安を解消しておくことが、後悔のない職場選びに繋がります。

2. 労働条件通知書はしっかりチェック

内定を受諾する前に「労働条件通知書」を確認してください。労働条件通知書とは、給与や休日・休暇、労働時間などの条件が記載された書面です。

単に給与や休日を見るだけでなく、「本当にこの条件で問題なく働いていけるか」を意識して確認いただきたいです。特に、給与の内訳や報酬パターン(固定報酬型・案件単位報酬型・ハイブリッド型)、弁護士会費を負担してもらえるか等は確認すべきでしょう。

労働条件通知書の交付は法律で義務付けられています。できる限り内定前に受け取り、確認することを推奨します。

3. 内定受諾後の辞退は原則避ける

内定を受諾して内定者になった後に、一方的に内定を辞退する行為は避けましょう。内定を辞退した場合、内定先(主に法律事務所)と内定者の両方にデメリットやリスクが生じます。

一般企業に比べて法律事務所の内定者数は少なく、例え1人でも内定辞退になると採用・経営計画に打撃を与える可能性が高いです。また、弁護士業界には様々な人の繋がり・情報の流れがあります。内定破棄やその際に不誠実に対応すれば、どこかで気まずい思いをしたり、業界人からの印象が悪くなってしまうリスクも考えられます。

「内定が出たけど就職活動を続けたい」「任官・任検の可能性がある」といった場合は、その旨を内定先に伝えて相談するのが最善策でしょう。

安易に内定受諾をせず、しっかりと考えたうえでご決断ください。迷った際はロースクールの同期や先輩、司法修習生専門エージェント「リーガルジョブボード」等に客観的な意見をもらってみるのもよいでしょう。

就活の疑問や不安、プロに相談してみませんか?

司法修習生の就職活動は、法曹キャリアにおいて重要な第一歩です。

就職活動(ファーストキャリアの選択)を成功させたいと考えながらも、以下のような疑問や不安をお持ちではありませんか?

  • 就職活動に乗り遅れたくないけど、いつから何をすれば良いか分からない
  • 求人の比較・検討~選考まで、すべて一人で行うのに不安を感じる
  • キャリアパスや自身の希望について考えきれていない

これらのお悩みは、司法修習生専門エージェント「リーガルジョブボード」にご相談ください。

業界知識が豊富で、高い専門性を持ったプロが、あなたのキャリア実現を全面的にサポートいたします。情報収集やキャリア相談のみでの利用も歓迎です!

エージェントを利用するメリットとして、

  • 自身に適したスケジュールで就職活動が進められる
  • 希望に沿った求人の紹介、書類添削、面接対策などが受けられる
  • 複数の選考を並行しながら、効率よく進められる
  • 業界知識や裏事情を把握しながら就職活動ができる

などがあります。就職活動に少しでも不安のある方、プロからのサポートを受けながら就職活動を進めたい方は、ぜひご活用ください。

この記事の執筆者

LEGAL JOB BOARD 横山

コンサルタント

担当職種:
  • 弁護士

中央大学を卒業後、大手電機メーカーの法人営業にてキャリアをスタート。同時期より、20代を中心としたキャリア支援にも従事し、300名以上の就職・転職支援実績を誇る。 リーガルジョブボードでは、弁護士や法務部員専任でキャリア支援・採用支援に従事。インサイトを引き出すヒアリングと戦略的なキャリア形成のサポートを得意とする。

この記事をシェアする

関連する記事

このサイトの監修者・著者