弁理士

特許事務所はやめとけ?今さら聞けない一般企業との違いや働き方・福利厚生について解説

by LEGAL JOB BOARD 白石

転職エージェント

担当職種:
  • 企業知財部
  • 弁理士
  • 特許事務
  • 特許技術者

特許事務所で働くことにどんなイメージを持っていますか。

残業が多そうだな、年収上がらなさそうだな、仕事量多そうだな、などマイナスイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。

また、ネットの情報を見て「特許事務所で働くのはやめとけ」と見たけど実際どうなんだろう?と思われる方も多く、弊社に転職の相談に来られた求職者さまがそのような不安を口にすることも少なくありません。

そこで本記事ではそんな不安をお持ちの方に向けて

  • 特許事務所の特徴や意味
  • 「やめとけ」はウソ!特許事務所で働くことを懸念する理由と真実
  • 特許事務所と企業知財部の違い
  • 特許事務所と企業知財部・法律事務所の違い
  • 自分に合った特許事務所に就職・転職する方法

を解説しています。

知財専任転職エージェント 白石
「特許事務所で働くことに一歩踏み出せない」と感じている方はぜひ最後までお読みください。

特許事務所の特徴

まずは特許事務所の特徴をお話しします。

特許事務所とは、「弁理士が特許庁に対して、特許、実用新案、意匠、商標などの手続を行うための業務を処理するために開設された事務所」を指します。

知財専任転職エージェント 白石
簡単に言うと、特許に関するプロフェッショナルの集団です。

そのため、特許の専門家として働きたい方に向いています。

企業知財部とは違い、様々な企業や研究機関が開発した、幅広い技術や最先端の技術に常に触れることができる特殊な環境でもあります。

特許事務所で働く主な職種は下記の通りです。

  • 特許弁理士・特許技術者
  • 意匠・商標弁理士、意匠・商標スタッフ
  • 特許事務・翻訳などの事務系スタッフ

どの職種も、特許明細書の作成や特許調査など知的財産を守るための業務を行っています。

下記の記事では知的財産について詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

合わせて読みたい記事はこちら

「やめとけ」はウソ!特許事務所で働くことを懸念する理由と真実

知財専任転職エージェント 白石
では、なぜ特許事務所で働くことを懸念する方が多いのかを解説していきます。

実際、弊社リーガルジョブボードに転職相談をしに来られた方が、不安に思っていたことを順にお話ししていきます。

①長時間の労働など働く環境が整備されていない

業界的に残業の多いイメージが未だにあり、特に特許事務所は働く環境が整備されていないように思っている方もいらっしゃいます。

実際は特許事務所で働く弁理士、特許技術者の残業時間の平均は、月間あたり30〜40時間程度です。

また、特許事務の残業時間は、基本的に月20時間前後のケースが多いです。

日本全体では月間あたりの平均残業時間は「約14.5時間(厚生労働省:毎月勤労統計調査令和元年10月時点)」なので、比較的残業の多い業界と言えるかもしれません。

特許事務所によっては60〜80時間を超える場合も。繁忙期には、休日出勤をせざる得ないところもあります。

知財専任転職エージェント 白石
 しかし、すべての事務所がこのような状態ではなく、規模や方針によって違いがあります。

長時間残業をしている方がいるのは事実ですが、実際には残業ほぼなしで働いている方も多くいらっしゃいます。

下記の記事では、「特許事務所の平均残業時間や残業ゼロの職場に就く方法」について詳しく解説しておりますのでぜひ参考にしてください。

合わせて読みたい記事はこちら

②所長や事務所の雰囲気が悪そう

特許事務所は小規模から大規模まで様々あり、特に小規模の特許事務所だと所員数も少ないため、より各事務所の特徴が鮮明に出てきます。

そのためか、職場の雰囲気がよくなさそうと思っている方がいらっしゃいます。

特許事務職の転職理由が「事務所の雰囲気が合わなかった、所長と合わなかった」という方も多くいらっしゃいますが、それは「雰囲気が良くない働きにくい事務所だ!」というよりも「自分には合わない」ということがほとんどです。

知財専任転職エージェント 白石
雰囲気が合わないと働くのがしんどいと感じてしまいますが、雰囲気と自分がマッチしていればとても快適に仕事が出来ます!

事務所を見極めることで、人間関係も良好で、同じ事務所で長く勤務している方も多くいらっしゃいます。

とはいえ、事務所の雰囲気は働いてみないとなかなかわからないもの。口コミなどを利用して転職前にどういった事務所か情報収集したいところです。

なかなかいい求人がない、求人を見ても違いが良くわからないという方は、ぜひ転職エージェントにご相談ください。ご希望をお伺いしたうえで、合う求人をご紹介いたします。

③教育体制が整っていない

未経験から特許事務所に転職される方は教育体制を気にする方が多いです。

しかし、教育体制や指導が成されておらず、「スキルや実務経験を身につけられないので転職したいです」とご相談にくる求職者さまもいらっしゃいます。

実際、未経験者が一人で業務をこなせるようになるまでしっかりサポートをする特許事務所がある反面、そこまで手が回ってないという事務所もあります。

未経験の方は入所前に下記の教育体制を確認しておくと安心です。

  • 研修プログラムが用意されている
  • 指導が手厚いかどうか
  • 入社した際に誰が上司となるのか

④福利厚生や時短勤務などの対応がなく働く環境が整っていない

上記で話した残業面だけではなく、福利厚生や時短勤務などの対応がなく働きづらいイメージを持っている方もいらっしゃいます。

しかし、特許事務所であっても基本的な福利厚生はありますし、実は勤務体系でいうと、特許事務所はかなり柔軟になってきています。

実際に在宅勤務・リモートワークなど働き方を選べる事務所はかなり増えています。

弁理士・特許技術者だけではなく特許・商標・意匠事務や特許翻訳などの職種が実際にテレワークを実施しています。

下記の記事では、特許事務所のテレワークについて調査をいたしました。ぜひ参考にしてください。

合わせて読みたい記事はこちら

また、近年ワークライフバランスを大切にしている事務所が増えており、テレワークだけではなく時短勤務やフレックス制など働き方が柔軟になってきています。

⑤業務量に見合った給料ではなさそう

弊社に相談に来る求職者さまの中には、残業も作業量も多いのに思ったより稼げていないとお悩みの方がいるのは事実です。

知財の業種は基本的に一般的な職種よりも高収入であることが多いです。とはいえ、業務量と比較した時、見合ってないなと感じることがあります。

特許事務所では、給与査定が曖昧なケースがありなかなか昇給しないということもあるようです。

そうならない為には、やはり転職・就職前に残業や給与といった面の不安をクリアにしておくことがとても重要です。

知財専任転職エージェント 白石
下記の記事では、「特許事務所への転職で失敗しない4つの注意点やブラック事務所の特徴」について詳しく解説しておりますのでぜひ参考にしてください。

合わせて読みたい記事はこちら

業務量に見合った給料ではないと言われることもありますが、実は高収入を狙っている弁理士や特許技術者にとって特許事務所はとてもおすすめできます。

一般企業だとどれだけ案件をこなしても、収入に大きな影響は少なく、どちらかと言えば経験年数や役職が上がったなどの影響で収入が増えることが多いです。

しかし、特許事務所で働く弁理士・特許技術者の場合、どのくらい案件をこなすかで収入が変化するため、より稼ぎたいと考えている方は自分の力次第で収入をグッと増やすことができます。

また、特許商標事務や翻訳職種においても、比較的、残業時間が年収に反映されやすいこともあり、年収が変化するとまでは言えませんが、働いた分がしっかり残業手当として支給されるケースがほとんどです。

業務量と給与が見合ってない、年収が上がらないなど、お悩みの方はぜひ転職エージェントにお任せください。

今の収入は適性なのかどうかをふまえ個別相談(キャリアカウンセリング)をさせていただきます。ぜひ下記よりご相談ください。

合わせて読みたい記事はこちら

特許事務所と企業知財部の違い

同じ職種であっても働く場所が変わると、働き方やコミュニケーションの取り方に違いがでてきます。

例えばですが、弁理士が小さい規模の特許事務所で働く場合「出願業務を1人で最初から最後まで担当することが多い」ですが、知財部の場合はチーム間で連携し「分業制」であることがほとんどです。

また給与形態にも違いがあり、特許事務所は「実力に応じて評価される」傾向がある一方で、企業知財部は「年功序列による昇給」が主に取り入れられています。

こちらの記事では、「特許事務所と企業知財部・法律事務所の違いや特徴、転職先の選び方」も解説しております。ぜひ参考にしてください。

合わせて読みたい記事はこちら

企業知財部で働いていて「特許事務所でキャリアチェンジしよう」と考えた時、そういったギャップを心配してなかなか一歩が踏み出ないということがあります。

知財専任転職エージェント 白石
そのギャップこそが「特許事務所で働くのはやめとけ」と言われる理由でもありますが、実はどの理由もその人の考え方や希望で利点になりますし、解決する方法があります。

一般企業からの転職は給与が下がる?

一般企業からの転職は給与が下がるのかと気にされる方もいらっしゃいます。

実際は、その方の経験や事務所のマッチング具合で差があります。

企業で長く研究開発や知財部で活躍されている方は、すでにある程度の年収を稼いでいるケースがほとんどです。

そういった方が、特許事務所への転職を考えるのは下記のようなタイミングです。

  • 弁理士資格を取得したいから、働きながら業務を学べる特許事務所で働きたい
  • 弁理士資格を持っているから、折角なら資格を活かせる場所で活躍したい

そこでネックになってくるのは、転職後の年収です。

特許事務所側は、特許事務所内の業務を経験したことがあるかどうかが重要です。研究開発をしていて特定の分野知識がずば抜けていたり、企業知財部で長年働いていたとしても、弁理士や技術者としては業務未経験という扱いになります。

そのため、特許事務所で勤務するとグッと給与が減ってしまう方も少なくありません。

しかし、特許事務所での勤務経験がなくとも事務所とのマッチング度合いなどで転職後に年収がアップしたケースもございます。

下記では年収がアップした転職事例をご紹介します。

【研究開発職→特許技術者として特許事務所へ転職】
▼30代前半 男性 前職年収400万円前半→転職後年収450万円
化学系の研究開発を長年しており、弁理士資格取得を目指し特許技術者として特許事務所への転職を希望しておりました。
希望の特許事務所とは分野の相性がかなり良く、コミュニケーション能力も評価され入職決定いたしました。
事務所側も若く分野知識が深い人物を求めていたので、そういった面でもマッチングしたことがポイントでした。

【企業知財部→弁理士として特許事務所へ転職】
▼30代後半 男性 前職年収750万円前半→転職後年収850万円
同じ企業で10年以上働いており、弁理士資格取得したことで資格を活かす職場として特許事務所への転職を希望しておりました。
弁理士業務の代名詞である明細書作成を含め幅広く知財部で経験しており、その経験を評価され大手特許事務所で入職が決定いたしました。
経験だけではなく、長年同じ企業に勤めて貢献してきた真面目さと、人当たりの良いお人柄も決め手になり、入職する事務所だけではなく複数の事務所から内定を獲得しました。

自分に合った特許事務所に就職・転職する方法

自分にあった職場を見つけるには「転職において自分は何を重要視しているのか」をしっかり理解することが必要です。

そうすることで、自分に合った職場を見つけることができるでしょう。

知財専任転職エージェント 白石
どの特許事務所がいいのか、違う職場がいいのか分からない方は、知財専門の転職エージェント「リーガルジョブボード」にご相談ください!業界知識が豊富で、高い専門性を持ったプロが、あなたの転職活動を全面的にサポートいたします。

求人票では知ることのできない特許事務所の評判や口コミ、裏事情など、良いところも悪いところも包み隠さずお伝えし、求職者様に合った職場の紹介を心がけています。

転職活動に少しでも不安のある方、プロからのサポートを受けたい方は、ぜひご活用ください!

合わせて読みたい記事はこちら

この記事の執筆者

LEGAL JOB BOARD 白石

転職エージェント

担当職種:
  • 企業知財部
  • 弁理士
  • 特許事務
  • 特許技術者

リーガルジョブボードの特許事務・特許翻訳などの知財専門転職エージェント。お仕事は人生の大半を占めます。職業選択という大事な節目において大切なのは「納得のいくベストな選択」がなされることと考えております。不安から安心へ、そして安心から期待へと変化していただけるよう、お気持ちに寄り添った転職活動支援を徹底いたします。

この記事をシェアする

関連する記事

このサイトの監修者・著者