特許技術者

特許技術者への転職は未経験でも可能|転職条件や成功事例・求人を紹介

by LEGAL JOB BOARD 三島善太

コンサルタント

担当職種:
  • 企業知財部
  • 弁理士
  • 特許技術者

こんにちは。特許技術者専門の転職エージェント「リーガルジョブボード」の三島です。

本記事では、「未経験で特許技術者に転職するために必要な条件や求人」について解説します。

特許技術者への転職を検討している方、特許技術者という仕事が気になっている方はぜひご覧ください。

【特許事務所の求人を見る】
弁理士
特許技術者
特許・商標事務

未経験でもOK!特許技術者への転職事情

特許技術者は未経験でも転職可能な職種です。未経験歓迎の求人が多数あり、比較的チャレンジしやすい傾向にあります。

特許出願に携わる専門性の高い仕事ですが、資格などは必要ありません。特に歓迎されやすいのは、理系のバックグラウンドがある方や、研究・開発や技術職の経験がある方です。

弁理士業務の流れ・知識を身につけられるため、弁理士を目指す過程で特許技術者として働き始める方が多いです。

【未経験向け】特許技術者の求人を見る

特許技術者と弁理士の違いなどは、以下の記事で詳しく解説しています。

転職時に求められる条件・スキル

特許技術者になるにあたって、求められる条件・スキルを紹介します。1つでも当てはまる方は、特許技術者に向いている可能性が高いでしょう。

文章作成に抵抗がない

特許技術者の主な仕事は、特許出願に必要な明細書・中間書類などの作成に携わることです。その際には発明やアイデアについて、文章で説明する能力が求められます。

そのため事務所によっては、採用試験で「技術に関する解説文」や「とある技術の製造方法に関する説明文」を作成する問題が出題されることもあります。

論理的思考(ロジカルシンキング)ができる

業務の性質上、事実に基づいてロジカルに思考・説明する力が必要です。出願書類において特許の進歩性を説明できないと、権利取得が難しくなってしまいます。

また特許庁から拒絶理由通知書が届いた場合、弁理士とともに権利化の方法を検討します。特許審査官を納得させるため、論理的に対応しなくてはなりません。

何らかの技術分野への知識・理解がある

明細書作成の補助、クライアント・発明者へのヒアリングなど、特許技術者の業務には技術分野に関する知識・理解が不可欠です。

そのため理系出身の方が多い傾向にありますが、文系出身でも知識を補うことができれば、特許技術者を目指すことは可能です。

「特許技術者を目指せるのか知りたい」「特許技術者が気になるが条件・スキル面で不安がある」といった方は、リーガルジョブボードの特許技術者専門エージェントにご相談ください。

アピールポイントになるスキルや経歴

特許技術者への転職で、選考に有利に働く可能性のあるスキル・経歴を紹介します。当てはまる方は、ぜひアピールポイントにしてみてください。

弁理士資格を取得する意欲がある

弁理士資格の取得に意欲的な方は、特許事務所から歓迎されやすいです。「弁理士試験を受験したことがある」「予備校や通信講座を受講をしている」など、実際に行動を起こしていると高く評価されます。

英語力がある

国際出願が増加傾向にあるため、英語力を求められることが増えています。目安はTOEIC600〜700点以上とされていますが、読み書きに抵抗がないことが重要で、スピーキングはできなくても問題ありません。

研究開発や技術職の経験がある

これまでに研究・開発や技術職の経験がある方は、選考に有利に働く可能性があります。特許技術者は技術分野の理解・知識があるかを重視されるため、実務経験があると評価される可能性が高いです。

「特許技術者を目指せるのか知りたい」「特許技術者が気になるが条件・スキル面で不安がある」といった方は、リーガルジョブボードの特許技術者専門エージェントにご相談ください。

特許技術者への転職事例

リーガルジョブボードを介して、未経験から特許技術者に転職した事例2つを紹介します。

エンジニア・プログラマーから特許技術者へ

年齢:32歳(女性)
前職:エンジニア・プログラマー
技術分野:ソフトウェア

法学部出身で授業を通して知財に興味を持ちました。
職業訓練学校でプログラミングを学び、企業で車に関わるシステムの開発とプログラミングの経験を積みました。
転職にあたり、文系出身であることがネックと考え、理系大学の通信教育とLECの弁理士講座を受講。
理転が業界的にあまり好まれない傾向+英語にそこまで自信がなかったので不安でしたが、無事に中堅特許事務所へ転職することができました。

企業での開発経験を活かし特許技術者へ

年齢:27歳(男性)
前職:機械エンジニア
技術分野:機械

大学では理工学部で機械の制御について学び、自動車の部品メーカーへ就職。
外資系の会社なので英語で話す機会や、英文レターなどに触れる機会もありました。
仕事を通して弁理士を知る機会があり、法律×技術の仕事に魅力を感じて転職を決意。
複数の内定をいただき、弁理士資格取得を応援してもらえる大手事務所に転職しました。

特許技術者の求人・転職情報

特許技術者への転職をお考えの方、実際の勤務条件や待遇を見てみたい方は、一度求人をチェックされるのがおすすめです。

また「リーガルジョブボード」では特許技術者への就職・転職をお考えの方を対象に、求人紹介や個別相談を行なっています。

サイトには掲載されていない非公開求人の紹介、キャリアに関するお悩みの相談など、ご希望の方はお気軽にご利用ください。

エージェント利用のメリット

参考文献

この記事の執筆者

LEGAL JOB BOARD 三島善太

コンサルタント

担当職種:
  • 企業知財部
  • 弁理士
  • 特許技術者

リーガルジョブボードの弁理士や特許技術者・企業知財部などの知的財産分野を専門とした転職エージェント。多数の紹介実績を持つ。希望に沿った就職・転職先の紹介や、 転職相談会・キャリアカウンセリングを随時開催中。転職のちょっとした疑問や心配ごとでもご相談いただけますので、お気軽にご連絡ください。

この記事をシェアする

関連する記事

このサイトの監修者・著者