更新日:2019年 07月 12日

司法書士の履歴書の書き方【内定率アップ】
司法書士の履歴書の書き方【内定率アップ】

司法書士の履歴書の書き方【内定率アップ】 - リーガルジョブボード

「司法書士の履歴書の書き方がいまいちよく分かってない」「内定率が上がるような書き方があれば知りたい」

もしこういったお悩みをお持ちなら、本記事をご覧ください。

・マイナス評価を受けない書き方

・他の人と差をつけるための方法

以上をまとめています。

どんなに魅力的な人物でも、入り口で落とされてしまっては非常にもったいないですよね。そうならないよう、まずは本記事を参考にしてみてください。

エージェントより
Small

書類で落とされるのは非常にもったいないです。事務所側や企業側も採用にかけられる時間は限られているので、一目でできるだけ魅力的な印象を与えられる履歴書作りを行いましょう。

履歴書でマイナス評価を受けないためのチェックポイント

履歴書でマイナス評価を受けないためのチェックポイント

ではまず、履歴書でマイナスな印象を与えないためのポイントをまとめます。

採用担当者や人事担当は大量の履歴書に目を通すので、一枚一枚、じっくり見る余裕がありません。ぱっと見でマイナスなポイントがあれば「この人は落とそう」と判断されてしまいます

そうならないよう、ここからまとめるポイントをまずは網羅してみてください。

それだけでも履歴書は魅力的に仕上がります。

手書きでもパソコンでもOK

書き方の前に、「手書きとパソコンどちらが好印象か」についてお伝えしておきます。

結論から言うと、どちらでも構いません。採用率は変わらないです。

手書きの場合は字の綺麗さなどをアピールできる反面、場合によっては乱雑さも目立ちやすいです。「やっつけで書いたのかもしれない」と思われる恐れもあるので、手書きだからと言って絶対に好印象を与えるということはないです。

一方でパソコンで書くことに関してですが、パソコンで作成する場合は日付や応募先の名称などの箇所の修正を忘れやすいです。毎回チェックするようにしましょう。

誤字・脱字はないか?

誤字や脱字はNGです。特に司法書士は繊細さや丁寧さを求められる部分があるので、誤字や脱字があればマイナスな評価を受けやすいです。

履歴書を仕上げたら、必ず細部まで目を通すようにしてください。

志望動機や志望理由が抽象的すぎていないか?

あまりにも志望内容が抽象的だと、志望度や熱量が伝わらず落とされることがあります

「志望理由を使い回ししている」とさえ思われる恐れもあります。

極端な例ですが、たとえば

「社会に貢献できる人間になりたいため応募しました」

こういった内容は抽象的すぎる上に、その事務所や企業を志望する明確な理由になっていないです。

どういう内容を書けば良いのかは続きに書いているので参考にしてみてください。

空白はないか?

履歴書に用意されている項目はなるべく埋めた方が好印象です。

たとえば「趣味・特技」といった欄は一見、評価とは関係がないと思われるかもしれません。しかし内容によっては、書類選考後の面接官との面談が弾む可能性もあります。また、あなたの人間性の一部を印象付けるポイントにもなります。

履歴書に無駄な項目はありません。

書類選考の段階で落とされることもありますので、履歴書1枚で自分の事をどれだけアピールできるかが重要です。

年号表記が統一されているか?

意外と多いのが、年号の表記が統一されていない履歴書です。

学歴・職歴・資格などの年表記が西暦なのか和暦なのかを統一しましょう。

統一していないと見づらいことはもちろんですが、だらしなさを感じる要因になるからです。

専門用語や略称を使っていないか?

専門用語や略称などを使うと相手に伝わらないことも多いので、使用しないようにしましょう。特に資格などを書く場合に略称などを使いがちです。

相手に伝わらなければ、アピールポイントになるはずのものが何も意味がなくなってしまいます。

他の就活生と差をつけるために

他の就活生と差をつけるために

履歴書は他の就活生と似たような内容になることが多いです。特に士業系の職種に関してはその傾向が顕著になります。

そのような条件の中で他の就活生と差別化するための履歴書作りには何が重要なのでしょうか?

それを下記で説明していきます。

志望動機

書類選考で勝ち残るためには志望動機は必ず重要なポイントになってきます。

履歴書を受け取る側は、どうしてこの事務所で仕事をしたいのか、どのくらいやる気があるのかなどを見極めています。

魅力的な志望動機を作るためのポイントは以下の3つ

・何をしたいのか

・どんな経験を積みたいのか

・それらを踏まえなぜその事務所(企業)に応募したのか

これらの3点を網羅した志望動機は好印象を残しやすいです。

「○○の経験(どんな経験)を積みたいからです。私はXX(何をしたいのか)に携わりたいと思っており、そのためには○○の経験が積める△△事務所(なぜ応募したのか)が自分にマッチしていると考えました。」

というふうに。

採用側は、あなたが入所後はどのようなことをやっていきたいのか、どういうことに力を入れていきたいのかなどを見ています。

一方で、注意したいのは次のような志望動機です。

『研修制度がしっかりしておりスキルを付けられると思いました。』

何をしたいのかが明確に伝わらず、「スキル」と言ってもどういったスキルなのかわかりません。「面接してまで話したいとは思わないな」と思われてしまう恐れがあるので、上記3ポイントを踏まえ詳しく書くようにしましょう。

「この人と話してみたい」と思われることがコツです。

一般常識があるかどうか

志望動機などの熱意も重要ですが、実は、「一般常識があるのかどうか」も見られています。

ここで言う具体的な一般常識とは以下の3つ。

・郵送で送る場合は送り状が付いているか

・封筒の書き方のマナーは正しいのか

・正しい言葉遣いができているか

です。 一般常識がない方よりはある方を採用するのが自然なので、常識範囲のマナーは踏まえるようにしましょう。

まとめ

・履歴書は丁寧に仕上げる

・志望動機に具体性を持たせる

・一般常識は踏まえておく

以上がまとめです。 給与や待遇がいい求人には応募が集中します。ちょっとした書類のミスで面接に漕ぎ着けないのは非常にもったいないです。そうならないよう、面接に結びつく履歴書を作成してチャンスを見逃さないようにしましょう。

Icon 1この記事を書いた人
Small

キャリアコンサルタント 稲田

司法書士および税理士専門の転職エージェント。
電話やメールだけでなく、対面での個別相談会も実施しております。書面では分からない事務所の口コミや内部情報もお伝えします。

Icon 4司法書士に人気の求人一覧