お気軽にご連絡くださいtel:03-6774-8902/受付時間平日10:00〜19:00 お気軽にご連絡くださいtel:03-6774-8902/受付時間平日10:00〜19:00

事務所の売却・承継/買収なら

M&A BOARDBy Legal Job Board

士業事務所専門
司法書士・行政書士・弁護士・税理士・会計士・社会保険労務士等

私たちについて

士業専門の転職サービス M&A BOARD では、
日本最大級の士業事務所ネットワークと人材紹介を通じて得た
ノウハウを活かし、士業事務所専門の売却/買収による
事業承継・M&Aの支援サービスをご提供しています。

こんなことでお悩みではありませんか?

事務所を売却したい

事務所を売りたい

  • 事務所を継続する事が難しくなってしまったが、 継いでくれる資格者がいない。
  • 後継者がいる訳ではないが、廃業してしまうと顧客の皆さんに不便な思いをさせてしまうし、いろいろもったいない。
  • そろそろ引退だし、まとまった資金が欲しい。
  • 事務所の売却や買収による事業承継について、相談できるところがない。
  • 事務所売却後も、一定の仕事をするなどの余地を残したい。
  • スタッフの雇用や事務所の理念を守りたい。
事務所を買いたい

事務所を買いたい

  • スピーディに事業の規模や範囲を拡大したい。
  • 様々な士業事務所と連携して、ワンストップサービスを実現したい。
  • 事務所を運営してこられた先生の信用を生かしながら、地域への浸透を図りたい。
  • 事務所の特徴やスタッフの雇用を守りながら、事業を展開したい。
  • 既にある事務所スタッフや理念を生かして事業を展開したい。

このようなお悩みは
M&A BOARD
を通して解決可能です!

解説図

士業における事務所の売却/買収の現状

Read 1

近年、士業(弁護士・税理士・会計士・社会保険労務士等)の売却・買収ニーズが増しています。

まず売却側としては、高度成長期からバブル期の昭和50年代、60年代に開業された先生方が、いよいよ60代後半〜70代となられて、事業承継を考える時期に来ているのですが、必ずしも適当な後継者が見つからず、廃業を考えざるを得ない状況が生まれています。

一方買収側としては、報酬の自由化による価格競争に対応するために、可能な限り顧客を集めワンストップサービスを展開しようとする大規模化が進行しています。

事務所を単純に廃業することは、廃業する先生にとって経済的利益が全くないばかりか、従業員は雇用を失い、今までお世話になった顧客の皆様にも迷惑をかける事にもなりかねません。

しかし一歩踏み出して事務所を売却して頂ければ、売却による経済的利益を受け取れるだけではなく、従業員の雇用が守られ、また買収側の事務所をご紹介する事で、お世話になった顧客の皆様により安心してサービスを受けて頂ける事にもつながります。

Read 2
Read 3

この様な状況にも関わらず、今までは士業事務所の売却は比較的売却額が小さいことから、大手のM&Aの会社などがあまり扱ってこなかったことや、売却される先生方にとっても必ずしも十分なメリットを感じにくい場合もあったことなどから、今迄それほど行われてきませんでした。

しかし、日本最大級の士業事務所ネットワークと人材紹介を通じて得たノウハウを有する Legal Job Board の運営する M&A BOARD なら、例えば売却報酬の他に、事務所を売却した先生に買収した側の事務所で一定期間顧問としてお務め頂くなど、士業の現実に沿った柔軟かつ多様なご提案をさせて頂くことで、売却した先生にとっても、買収した事務所にとっても共に満足できる事務所の売却・買収を実現することが可能です。

事務所の廃業、売却・買収、事業承継・M&Aをお考えの先生は、
是非お気軽にご相談ください!

事業承継をお考えの方はお気軽にご相談ください。

  • お電話でのお問い合わせ
  • 電話でのお問い合わせ
  • 受付時間:平日10:00〜19:00 / 事業承継をお考えの旨をお伝えください。

M&A BOARD 3つの強み

1. 売却・買収プランの策定から実行まで、完全オーダーメイド

売却・買収プランの策定から実行まで、完全オーダーメイド

M&A BOARDは、士業専門の求人サイトLEGAL JOB BOARD事業を通じて、業界最大規模で顧客ネットワークを広げてきました。

各士業における市場動向の把握と、専門性の高い知識・ノウハウをいかし、単に事務所の売却・買収だけではなく、売却した先生に売却後も一定の期間顧問としてご勤務いただく、売却した先生が顧客の皆さんに買収した先生をご紹介する事を経済的に評価するなど、士業事務所の実態に即し、柔軟で多様な選択肢をご提案させていただきます。

2. 着手金・月額報酬ゼロ!完全成功報酬型の料金形態

着手金・月額報酬ゼロ!完全成功報酬型の料金形態

事務所の売却を検討するにあたり、多くの仲介会社、M&A 会社では一着手金や月額報酬などの初期費用が必要となります。

M&A BOARDでは、売却が確定するまで、一切費用をいただきません。100%ご納得いただいた上で最良のご選択をしていただきたいと考えておりますので、何度でも無料でご相談していただけます。

3. 専門の担当者が責任を持って一貫してサポート

専門の担当者が責任を持って一貫してサポート

M&A BOARDは、士業における市場動向の把握と、専門性の高い知識・ ノウハウを有するコンサルタント2名(1名専任)が、実行まで一貫して責任をもってサポートさせていただきます。

事務所を売却する4つのメリット

  • 1. 廃業では決して得ることが出来ない、経済的利益を得ることが出来ます。
  • 2. 従業員の雇用を守ることが出来ます。
  • 3. 顧客の皆様に、継続してサービスを受けていただくことができます。
  • 4. 経営責任から解放され、自分にふさわしい形でセカンドライフを楽しむことが出来ます。

事務所売却の3つの場合

従業員に承継・売却

従業員に承継・売却

すでに事務所に勤務している先生に、事務所を譲る事はよく見られます。それがご親族であればあまり問題はありませんが、親族関係のなく勤務されていた先生の場合、単純に事務所を御譲りすることは、一見よい事に見えて、後々お互いの考え方の違いからトラブルになることもあります。

親族関係に無い場合は、たとえ長年ご勤務された先生であってもきちんとした売買契約を結んだ上で、そのご功労は様々なオプションによって報いることが望ましいと言えます。

独立の事務所(近隣の事務所など)に売却

独立の事務所(近隣の事務所など)に売却

近隣でそれまでお知り合いの事務所に売却することも現実的に良くありますが、お互い知り合いの先生同士ですと、なかなか本当の希望やご懸念を伝えられない事が起こります。

知り合いであればこそ、信頼できる第三者を介して、本当に納得できる条件を作り上げていくことが必要です。

大手法人事務所に売却

大手法人事務所に売却

近年士業の世界では事務所の大規模化が進み、大手事務所が個人事務所の買収を進めています。この様な事務所では買収について一定の経験があり、比較的短期に売買が成立するというメリットがありますが、相手ベースで交渉されてしまうというリスクもあります。

この様な買収相手に対する売却においては、ぜひ各士業における市場動向の把握と、専門性の高い知識・ノウハウを有するM&A BOARDのコンサルタントをご利用いただき、事務所を売却する先生の希望や主張をしっかりと反映して頂くことが、先生の利益の最大化に繋がります。

事業承継をお考えの方はお気軽にご相談ください。

  • お電話でのお問い合わせ
  • 電話でのお問い合わせ
  • 受付時間:平日10:00〜19:00 / 事業承継をお考えの旨をお伝えください。

ご利用の流れ

この間の
費用は
一切
かかりません

STEP01お電話、またはホームページからのお問い合わせ
下記問い合わせフォームに必要事項をご記入の上、お問い合わせください。
お電話でも承っておりますので、お気軽にご連絡ください。
ステップ1

STEP02サービスのご案内、ご希望についてのヒアリング
お問い合わせを頂きましたら、担当者より一度お電話にてご連絡の上、 ご面談日程を調整させて頂きます。
ご面談では弊社のサービスのご案内、および代表者様のお考えやご希望を元にヒアリングを行わせて頂きます。
ステップ2

STEP03お申し込み・サービスご利用開始
ご面談後、ご利用事項や方針等にご納得いただけましたら、 申込書および秘密保持契約を締結の上、お申し込み完了となります。
ステップ3

STEP04事業売却先の候補者のご紹介
ご面談にてヒアリングをした内容をもとに、買収を考えられている法人・企業を紹介させていただきます。 特徴や方針など包み隠さずにお話した上で、どの法人とお話を進めていただくかをご選択していただきます。
ステップ4

STEP05事業売却先の候補者とのご面談
STEP04でお選びいただいた法人のご担当者様(通常は代表者様や経営者様等)と 直接のご面談を通して、合意に向けてのお話を進めていきます。ある程度合意を得られた時点で、一度基本契約を締結いたします。(この時点でご納得いただけない場合でも、辞退することは可能です)
大きな決断となりますので、ご面談は一度のみならず、複数回重ねていただくことを推奨しております。
ステップ5

契約締結

STEP06事業承継の実行・契約締結
承継者・後継者、双方の希望が合致しましたら、基本合意契約を締結します。 その後、監査や最終交渉を経て、事業承継の成約となります。
ステップ6

よくあるご質問

事務所の売却に伴い、よくいただくご質問をまとめました。
下記以外にもご質問・ご相談がある方は、お気軽にお問い合わせください。

手元に資金が少ないのですが、相談は可能ですか?
M&A BOARDは完全成功報酬型なので、売却が成立するまで一切費用をいただいておりません。 ご安心してご相談ください。
相談をした場合、必ず事業を売却しなければいけないのですか?
ご相談をいただいたからといって、必ず事業を売却する必要はありません。
完全にご納得いただいた上での成約を目指しているので、途中でご納得いただけない場合も 辞退していただくことは可能です。
従業員やクライアントに知られずに交渉を進めることはできますか?
もちろんです。機密情報の取り扱いには細心の注意を払い、売却が決まるまで、従業員やクライアントの方々に完全に秘匿されます。それと同時に、売却が決まった場合どのように公表していくか、最適なプランを立案していきます。
事務所はいくらぐらいの評価になりますか?
売上や従業員数等、評価にまつわる項目はいくつかございます。無料で査定させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。また貴所の強みを最大限に活かし、評価してくれる売却先を選定させていただきますので、査定額を上回る金額での売却をすることができる可能性もございます。
売却後、従業員の雇用は保障されるのでしょうか?
交渉の中で、現従業員の雇用継続や待遇面についての取り決めを行い、それに基づいた譲渡契約を締結する形となります。
また、買い手側としてもすでにノウハウやクライアントとの関係性を持つ優秀な従業員の退職は避けたいという気持ちをお持ちですので、M&A成立後にずさんな扱いを受けるなどの心配は基本的には必要がありません。
また、M&Aを行うような法人は福利厚生などが整っている法人が多いので、処遇改善やキャリアアップなど、売却により前向きな変化をもたらす可能性もございます。
売却について、従業員や取引先にはいつ開示すべきでしょうか?
譲渡後にお話しするのが一般的になっております。というのも、成立前にお話してしまうと、不安が先行してしまうためです。
お話するタイミングとしては、成約後にM&Aによりどのような変化がもたらせるか、いかに有意義なものなのかを説明すればご理解を得ることが可能です。
売却にはどの程度の期間が必要ですか?
ご依頼から成約まで約半年〜1年前後のお時間をいただいております。
もちろん、進め方や内容によって期間は前後する可能性もございます。

お問い合わせ

事業承継をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

この欄は必須です。
この欄は必須です。
この欄は必須です。
この欄は必須です。
市外局番からご入力ください
ページのトップへ戻る